上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を編集(管理者のみ)
Memoirs of an Illusory Larcener  とある架空の窃盗犯の回顧録
MemoirsofanIllusoryLarcener.jpg

Update 31: Gnomework!

Bestowed by: Callumnie
In: The Harbor
Adventure Notes: This adventure is of average difficulty.

Adventure:
Enter: Memoirs of an Illusory Larcener
Heroic Level: 13
Epic Level:  31
Length: long

Heroic Base XP:  Solo  2,262 XP  /  Normal  3,945 XP  /  Hard  XP  /  Elite  XP
Epic Base XP:  Solo   XP  /  Normal   XP  /  Hard  XP  /  Elite  XP
Favor:  Solo 3  /  Normal 6  /  Hard 9  /  Elite 12
Patron:  The Free Agents
Quest Objects
□ Complete the illusionist's story.
  幻想術士の物語を完遂する
□ Gather your party on the symbols.
  仲間をシンボルの上に集める
□ Find the clearly upstanding citizen.
  明らかに立派な市民を見つける
□ Deliver the letter.
  手紙を届ける
□ Return the letter.
  手紙を戻す
□ Find the bar.
  酒場を見つける
□ Retrieve the artifact.
  アーティファクトを取り戻す
□ Find your contact to Escape the city.
  街を脱出する接点を見つける
□ Talk to the Commander.
  コマンダーと話をする
□ Gather the party in the treasure room.
  トレジャー・ルームに仲間を集める
□ Swap the artifacts.
  アーティファクトを入れ替える
□ Fight for your life!
  生き残るために戦う!
□ Find the clearing for your reward!
  報酬をいただく


Monster
Elf Ranger  CR: 13/?/?  Type: Elf  Race: Elf
Elf Bodyguard  CR: 15/?/?  Type: Elf  Race: Elf
**** Elf Courier  CR: 16/?/?  Type: Elf  Race: Elf
Sharn Wizard  CR: 13/?/?  Type: Humanoid  Race: Human
Sharn Lieutenant  CR: 15/?/?  Type: Humanoid  Race: Human
Sharn Rogue  CR: 15/?/?  Type: Dwarf  Race: Dwarf
Human Brigand  CR: 13/?/?  Type: Humanoid  Race: Human
Dwarf Brigand  CR: 13/?/?  Type: Dwarf  Race: Dwarf
Sharn Ranger  CR: 13/?/?  Type: Halfring  Race: Halfring
Brigand Lieutenant  CR: 13/?/?  Type: Halfring  Race: Halfring
Lucy Lawful  CR: 16/?/?  Type: Halfring  Race: Halfring


Score Card
Monsters killed.  (*/83)
  83  Devious bonus  +7%
Trap disabled.  (*/0)
  -
Secret doors discovered.  (*/0)
  -
Breakables smashed.
  10  Mischief bonus.  +8%


Trap DC
-


Collectable
-


Map

Map_MemoirsofanIllusoryLarc.jpg


Text
Callumnie  コラムニー(columnからのもじり?)
Hello there adventurer!
Do you like stories? Tales of adventure? Stories told so well that you feel as if you are really there?
If so, then I have a tale for you!
こんにちは、そこの冒険者さん!
あんたお話は好きかい?冒険物語?まるで本当のことのように感じるように語られる物語は?
もしそうなら、ちょうどあんたのための物語がある!

▸ Sure. I always appreciate a good story.
 ああ。私はいつも良い物語に感謝している。
This is a story full of intrigue. Deception. Danger. Betrayal And intrigue!
Yes, I know. It really is that intriguing!
これは陰謀に満ちた物語。偽り。危険。裏切りと陰謀!
そうだろう。本当に魅力的だ!
▸ You've piqued my interest. Let‘s hear the story!
 興味が湧いてきた。話を聞かせてくれ!
⇒ Quest Bestowed
  クエスト受諾
▸ So what’s the big deal? You're just going to tell me a story?
 何がそんなにすごいんだ?ただ話をするだけだろ?
You see, I've traveled all over Eberron - from Zilargo to Aerenal, from Sharn to the very shores of Argonessen itself. As I went from place to place, I found story after story to share.
I've been sharing these stories for so long that I've learned how to weave quite the intriguing tale. One so compelling that you'll feel like you've a part of it. One so engrossing it seems to be told just about you!
分かるか?私はエベロン中を旅してきた―ズィラーゴからエアレナル、シャーンからはるかアルゴネッセンの海岸まで。私はいたるところに赴き、共有すべき物語という物語を見つけてきた。
私は長年にわたって、とても魅力的な物語を織り上げる方法を学ぶためにこれらの物語を共有してきた。一つはあんたがその一部であるように感じるだろうと想像できるから無理にでも勧めているんだ。一つはまさにあんたのことが語られているように思えて心底驚いているからなんだ!
▸  All right, you've convinced me. I'd like to hear your tale.
 いいだろう、説得されたよ。あなたのお話を聞こう。
This is a story full of intrigue. Deception. Danger. Betrayal And intrigue!
Yes, I know. It really ls that intriguing!
これは陰謀に満ちた物語。偽り。危険。裏切りと陰謀!
そうだろう。本当に魅力的だ!
▸ You've piqued my interest. Let‘s hear the story!
 興味が湧いてきた。話を聞かせてくれ!
⇒ Quest Bestowed
  クエスト受諾
Ahh! You'd best return to the story quickly, before I lose my place!
ああ!お役御免になる前に早く物語に最高のお返しをしてくれ!
▸ I am ready to continue the story.
 お話の続きの準備はできている。

Memoirs of an Illusory Larcener
(Dungeon Master): A house becomes so much more than a home, when a story teller uses magic and imagination.
ストーリーテラーが魔法と想像力を使う時、小さな家はまるでお屋敷のように感じられるだろう。
(Dungeon Master): "Don't be shy. Come in, come in!"
「遠慮しないで。入って入って!」
(Say): Callumnie says, 'Welcome! Welcome! As you can see, my place is a little on the small size. Much like myself, I suppose. But you will be amazed how big of a tale I can tell in such limited conditions!'
コラムニーが「ようこそ!ようこそ!ご覧のように私の場所はやや手狭なサイズだ。私自身によく似てると私は思う。だけどあなたはこんな制限された状況で壮大な物語を語ることができる私に、びっくりするだろうね!」と言う。
(Dungeon Master): "Step on over to the symbols on the floor. The adventure is about to begin!"
床の上のシンボルに踏み込め。まもなく冒険が始まる!
(Dungeon Master): "The first step is to find the hero of this story - a true, upstanding citizen. Be warned, though. She is a master of disguise!"
最初の段階はこの物語の主人公を見つけることだ―本当の、立派な市民を。だが気をつけろ。彼女は変装の達人だ。

Upstanding Citizen
'Hello there, stranger. I don't know you from a grain of sand on the beach - but can you deliver this highly important missive to a couple of friends of mine?'
立派な市民があなたに「こんにちは、見知らぬ人。私はあなたのことを砂浜の一粒の砂ほども知りませんが、しかしこの大変重要な書類を私の友人の二人組に届けてもらえないでしょうか?」と言う。
▸ 'Why don't you deliver the letter yourself?'
 「なぜ自分で届けないんだ?」
'Look, around these parts we meet random strangers and ask them to perform simple tasks we could easily handle ourselves. It's just what we've always done.
So, do you want to help me or not?
Maybe I should also point out that if you don't agree to help, you won't find much else to do around here.'
「見てください、ここらあたりの我々は偶然見知らぬ人に出会い、彼らに我々が自分でも解決できるような簡単で単純な仕事を依頼する。それが我々がいつも行っていることなんです。
そこで、あなたは私を助けたいですか?助けたくないですか?
あなたが助けることに同意してくれない場合、たぶんあなたはここらへんであまり多くのことを見つけることができないことは指摘して置かなければなりません」
'Fine, I'll deliver your 'missive' - who even talks like that?'
「わかった、あなたの書状を届けよう―こんな話し方をする奴にだな?」
▸ 'Fine, I'll deliver your 'missive' - who even talks like that?'
「わかった、あなたの書状を届けよう―こんな話し方をする奴にだな?
(Say): Upstanding Citizen says, 'Just look for the couple of guys who are up to no good, that's who this... letter goes to.'
立派な市民があなたに「見た目よろしからぬ男の二人組を探し、この…手紙を渡して」と言う。

(Say): Extremely Dull Citizen says, 'It's a perfectly ordinary day in a perfectly ordinary place.'
極めて愚鈍な市民が「完璧に普通な場所での完璧に普通な日だ」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, 'If I was actually in this story, I'd have something interesting to say.'
極めて愚鈍な市民が「この物語の中で何かが実際に起った場合、私は何か面白いことを言わなければならない」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, '... And that's all she wrote.'
極めて愚鈍な市民が「…そして、それは全て彼女が書いたものだ」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, 'She was smiling and waving and looking so fine ....'
極めて愚鈍な市民が「彼女は笑顔で手を振っていてとても聡明な見た目をしている…」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, 'I think you've lost your place. I'm not actually part of this story.'
極めて愚鈍な市民が「あなたは自分の居場所を失ってしまったのだと思います。実際わたしはこの物語の一部ではありません。」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, 'No, I am not upstanding, nor was meant to be.'
極めて愚鈍な市民が「いいえ、私は聡明ではなく、意図もされていません」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, 'I'm not the citizen you're looking for.'
極めて愚鈍な市民が「私はあなたの探している市民ではない」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, '... Then the story ends, and you wake up in your bed and believe whatever you want to believe'
極めて愚鈍な市民が「…物語が終わる時、あなたはベッドの上で目覚めあなたが信じるものならなんでも信じるだろう」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, 'Did you hear about that thing that happened in that place?'
極めて愚鈍な市民が「あなたはその場所で起こったことについて何か耳にしたか?」と言う。
(Say): Extremely Dull Citizen says, 'I'm not sure how this story ends. But I'm pretty sure it's not with you chit-chatting with me.'
極めて愚鈍な市民が「このお話がどう終わるのか定かではない。だがあなたと私のこの雑談はそうではないのは確かだ。」と言う。


(Say): Perfectly Ordinary Citizen says, 'She was smiling and waving and looking so fine ....'
完全なる普通市民が「彼女は笑顔で手を振っていてとても聡明な見た目をしている…」と言う。
(Say): Perfectly Ordinary Citizen says, 'If you're looking for the next chapter, I'm not it.'
完全なる普通市民が「もし次の章を探しているなら私ではありません」と言う。
(Say): Perfectly Ordinary Citizen says, 'I'm not sure how this story ends. But I'm pretty sure it's not with you chit-chatting with me.'
完全なる普通市民が「このお話がどう終わるのか定かではない。だがあなたと私のこの雑談はそうではないのは確かだ。」と言う。


Julius and Vincent
(Say): Julius says, 'Talking isn't really my specialty. Try short round over there.'
ジュリアスが「会話は私の専門ではない。手短に頼む」と言う。
(Say): Vincent says, 'I swear if you call me short round one more time...'
ヴィンセントが「誓ってもいいがあなたは近いうちにまた私を呼ぶだろう…」と言う。
 'You got a problem or somethin'?'
 「問題か何かを持っているのか?」
▸ 'Do YOU have a problem?'
 「あ・な・たが問題を持っているのか?」
'Are you getting smart with me?
 Muscle, deal with this clown.'
「もっと賢くならないか?
筋肉はこっちのピエロが扱う」
▸ 'Alright, alright! I'll deliver your letter.'
 「よし、よし!あなたに手紙を持ってきた」
▸ 'I have a letter for you.'
 「あなたに手紙がある」
'What is it?
 Right, take this letter back to that clearly upstanding and wonderful rolemodel of a citizen.'
「それは何だ?
そうだな、この手紙を明らかに聡明で素晴らしく模範的な市民に返してくれ」
▸ 'Fine, I'll take the letter back.'
「けっこう、手紙を持ち帰ろう」
(Say): Vincent says, 'Get going with ya, you mangy adventurer. Do you usually sit around when there's a job to do?'
ヴィンセントが「仕事にかかれ、みすぼらしい冒険者よ。仕事をする時はいつも座っているのか?」と言う。

(Say): Perfectly Ordinary Citizen says, 'I'm not the citizen you're looking for.'
完全なる普通市民が「私はあなたの探している市民ではない」と言う。
(Say): Perfectly Ordinary Citizen says, 'Did you hear about that thing that happened in that place?'
完全なる普通市民が「あなたはここで何が起こっているのか知っているのか?」と言う。
(Say): Perfectly Ordinary Citizen says, 'I don't know what you mean. The sky has always been that color.'
完全なる普通市民が「何を言っているのかわからない。空はいつもあの色だ」と言う。
(Say): Perfectly Ordinary Citizen says, 'It's a perfectly ordinary day in a perfectly ordinary place.'
完全なる普通市民が「完璧に普通な場所での完璧に普通な日だ」と言う。

Upstanding Citizen
'Did you get lost? That seemed to take a while, considering they're just down the road.'
「迷子にでもなりました?道を下るだけなのに時間がかかったようですけど」
▸ 'If you know they're just down the road, then why am I delivering these letters?'
 「ただ道を下るだけだというのならなぜ手紙の配達を頼んだんだ?」
'You think I want to be associated with those guys?
So, what did they say?'
「私があの男たちと関わり合いになりたいと思ってるのですか?
で、彼らはなにか言っていました?」
▸ 'They talk a lot ... and they gave me this letter to give to you. Weird thing is that they didn't write it. They just had it ready to go.'
「奴らはよく喋った…そしてあなたに渡すこの手紙をよこした。奇妙なことにやつらはこれを書いていない。あらかじめ準備ができていたんだ」
#A1
'Perfect, let's see what they had to say.
Really - he writes like an eight year old. Is that a backwards 'R'?
Anyway, now that you've gotten your feet wet, how would you like a more exciting job? I can't trust those goons to do it themselves.'
「完璧ね、彼らが書いたものを見てみましょう。
本当に―まるで8才の子供が書いたみたい。"R"を逆に書いているわ。
とにかく、もっとエキサイティングな仕事がしたいならやってみますか?私は自分で行うほど彼らのことを信用できません」
▸ 'If you ask me to deliver one more letter...'
 「もっと手紙を配達させたいのか…」
'No, no, no. Nothing like that. How do you like adventure, danger, combat, glory, and treasure?'
「いえ、いえ、違います。そんなことではありません。あなたはどれぐらい冒険、危険、戦闘、栄光、そして宝物が好きなのです?」
▸ 'Now you're talking! Tell me more!'
 「おっとその話だ!もっと教えてくれ!」
#A2
'There's an Elf visiting the pub in town. He is carrying a certain artifact - a certain artifact that I must have.'
「街なかの酒場に行くとあるエルフがいます。彼はあるアーティファクトをを持っていて、私はそれが必要なのです」
▸ 'Who is this Elf?'
 「そのエルフは何者?」
'Tell me: Whom would you find to be to be the worst?'
「答えて:あなたが見つけるもっとも悪い人物とはどういう人?」
▸ 'A Thief.'
 「こそ泥」
'This Elf has stolen from hundreds of people. He has stolen items that would have saved lives - items that would have changed the world. All because of his own greed.'
「このエルフは今まで何百人もの人々から盗みを働いてきました。彼が盗んだのは命を救ったであろうアイテム―世界をも変えたであろうアイテムです。すべて彼自身の欲のためにです」
▸ 'Such a terrible being must be dealt with immediately!'
⇒ Find the Bar
「このような恐ろしい存在はすぐに処罰されなければ!」
▸  'You don't need to lie to me. I'm already going to kill this Elf and take what he has because you asked me to ... just as I would have for him if he had asked me to do the same to you.
⇒ Find the Bar
「私に嘘をつく必要はない。すでに私はこのエルフを殺し、あなたが私に頼んだ彼の持ち物を奪うつもりだ…彼があなたに対して同じことを私に依頼した場合、彼のために行うのと同じようにな。
▸  'Where's the pub?'
「酒場はどこにある?」
⇒ Find the Bar
▸ 'A Murderer.'
 「人殺し」
'This Elf has murdered. He has murdered women and children. He has murdered innocents and the helpless. All because he has a lust for blood.'
▸ 'Such a terrible being must be dealt with immediately!'
「このような恐ろしい存在はすぐに処罰されなければ!」
⇒ Find the Bar
▸  'You don't need to lie to me. I'm already going to kill this Elf and take what he has because you asked me to ... just as I would have for him if he had asked me to do the same to you.
「私に嘘をつく必要はない。すでに私はこのエルフを殺し、あなたが私に頼んだ彼の持ち物を奪うつもりだ…彼があなたに対して同じことを私に依頼した場合、彼のために行うのと同じようにな。
⇒ Find the Bar
▸  'Where's the pub?'
「酒場はどこにある?」
⇒ Find the Bar
▸ 'A Elf.'
 「エルフ」
▸ 'Someone who says "whom".'
 「誰かが呼ぶところの”誰か”」
'... All right.
 This Elf says "whom" all the time. I mean, there are times where "whom" is the correct word to use, but this guy says "whom" just to show off.'
▸ 'Where's the pub?'
「酒場はどこにある?」
⇒ Find the Bar
▸ 'Say no more. I shall murder this Elf that I do not know, and retrieve the artifact simply because you asked me to.'
「もうそれ以上言うな。私はあなたに依頼された通り、この知らないエルフを殺してアーティファクトを奪い返してくるだけだ」
⇒ Find the Bar
▸ 'Eh. Those things are all right, I guess.'
「ああ。それらは大丈夫だと、私は思う」
  go to #A2

▸ 'They talk a lot ... and they gave me this letter to give to you. Weird thing is that they didn't write it. They just had it ready to go.'
「奴らはよく喋った…そしてあなたに渡すこの手紙をよこした。奇妙なことにやつらはこれを書いていない。あらかじめ準備ができていたんだ」
go to #A1
(Say): Upstanding Citizen says, 'Off to the bar with you. Time is a wasting!'
立派な市民が「酒場へ向かいなさい。時間の無駄です!」と言う。

(Dungeon Master): "Ahh, the local watering hole! You'll never find a more delightful establishment of scholars and heroism!"
「ああ、地元の飲み屋!あなたは学者や英雄譚では決して味わえない喜びを見つけるだろう!」

**** Elf Courier
'I don't know you. I have no business with you. Leave me be.'
「知らないやつだな。お前には関係ない。私に構うんじゃない」
▸ 'I'm afraid we do have business. Or at least I have bussiness with that artifact.'
「我々には関係がある。もしくは少なくともこのアーティファクトに関係がある」
'I'm afraid you may have mixed yourself up with the wrong crowd, my friend.'
「失礼だが、他の有象無象と間違えてないか、おにいさん」
▸ 'Time for you to die.'
 「お前が死ぬ時間だ」
▸ 'Time for you to die.'
 「お前が死ぬ時間だ」
(Say): Thieving Elf Courier says, 'My men shall deal with you!'
泥棒であるエルフの密使が「私の護衛がお前の相手だ!」と言う。

(Dungeon Master): "You don't have to go home, but you sure can't stay here ... amongst the bodies. Back to the town!"
「お前は家に戻る必要はないぞ、だがここにはいられない…死体に囲まれて。町へ戻れ!」
(Dungeon Master): "I think she forgot to mention that this Elf has a lot of 'friends.' You may want to make your exit a hasty one."
「私は彼女がこのエルフが多くの’友人’を持っていることを言及し忘れたのだと思う。あなたはそそっかしい彼女の所への脱出口を作らなければならない」

(Say): Vincent says, 'Come on, this way.'
ヴィンセントが「来るんだ、こっちだ」と言う。
(Say): Vincent says, 'We've got a ship waiting. Be quick or it will leave without you.'
ヴィンセントが「俺たちは船を待たせている。急がないと置いて行かれるぞ」と言う。

(Dungeon Master): "A ship fit for a ... Well, fit for a minor figure in the Sharn Syndicate, at least. I apologize for the smell, but I do want this story to be authentic!"
「船はまあまあ…少なくともシャーン・シンジケートの小さな体格に合わせてある。臭いについてお詫びするが、この物語を本物に近づけるためである」

(Say): Sharn Ranger says, 'We'll keep the artifact safe here. Our commander wants to meet you. She's upstairs in her quarters.'
シャーン・レンジャーが「我々はここでアーティファクトの安全を確保する。我らの司令官があなたに会いたがっている。彼女は上の回の居室にいる」と言う。

Lucy Lawful
'I hear we have you to thank for bringing us the artifact. You'd make a decent member of the Sharn Syndicate.
For now though, we will let you off down the shore a ways. Wait for everything to cool down.'
「おまえがアーティファクトを持ってきてくれたことに我々は感謝しなければならないと聞いた。おまえはシャーン・シンジケートの正式なメンバーになれるぞ。
だけどもう、おまえを地上に下ろそう。すべての準備が整うのを待て」
▸ 'As you wish. I'll head topside and get ready to disembark.'
「お好きなように。私は船首に向かい、下船の準備をしよう」
▸ 'Wait - I bring you the artifact, and in return you dump me on the shore and give me nothing?'
「待ってくれ―私はアーティファクトをあなたに持ってきた、そして何も与えないまま私を返すというのか?」
'Very presumptuous of things you know little of, wouldn't you say? You'll get what's coming to you when we drop you off.'
「物事を知らない非常に僭越なやつだな、そう思わないか?お前を降ろすときがきたらなにか貰えるだろうよ」
▸ 'I see. I'll be going then.'
「わかった。降りるときに」
⇒ Commander met
▸ 'That's just how it goes around here then?'
⇒ Commander met

Upstanding Citizen
'Before you go, I have one more task for you, good adventurer.'
「あなたが行く前に、もう一つ仕事があります、巧みな冒険者さん」
▸ 'Helping you has been nothing but trouble. And with no reward, why should I help you again?'
「あなたを助けることはトラブル以外の何物でもなかった。そして報酬もなしになぜ再びあなたを助けないといけないのか?」
#A3
'All good things come to those who wait my friend.
More importantly, you don't think this crew is really going to just let you leave, right?'
「あらゆるご馳走が私の友人を待つ者の元へやってくる。
さらに重要なこととして、あなたはここの乗組員があなたを無事に帰すとは考えていないでしょう?」
▸ 'I can handle myself. But thanks for your concern.'
「自分のことは自分で対処できる。だが忠告をありがとう」
#A4
'I have a counterfeit artifact. All you've got to do is go on down and switch it with the real one. Then, when they try anything, we use it as leverage for safe passage and treasure. Simple as that.'
「私は偽造のアーティファクトを持っています。あなたのすべきことは下に降りてこれを本物とすり替えてくることです。そして、彼らがなにかしようとした時、我々は安全な道と宝物のためにそれをてこのように使います。それだけのことです」
▸ 'And why don't you go switch it yourself?'
「それで、なぜあなたは自分ですり替えに行かないんだ?」
#A5
'Lucy is a bit... suspicious of me. Whereas you are the one who delivered the artifact safely. Nobody will suspect you.'
「ルーシーは少しだけ…私を疑っています。あなたはアーティファクトを安全に運び入れた人物です。誰もあなたを疑っていません」
▸ 'Fair enough. Give me the fake.'
「結構だ。偽物をくれ」
▸ 'Simple is as simple does. Let's do this.'
「簡単な行いと同じくらい簡単だ。よしやろう」
go to #A5
▸ 'What do you mean?'
「どういう意味だ?」
'They got what they needed, and they're going to get rid of all those who know about it. So let's get some insurance to get ourselves out of here safely. What do you say?'
「彼らは必要としているものを手に入れた、そしてそのことを知っている者を消そうとしている。さて我々がここから安全に脱出するためになにか保険をかけておこう。なにか言いたいことは?」
▸ 'I can handle myself. But thanks for your concern.'
「自分のことは自分で対処できる。だが忠告をありがとう」
go to #A4
▸ 'Oh? And what might that be?'
「ああ?で、それは一体何だ?」
go to #A3

(Say): Sharn Rogue says, 'No one steals from the Sharn Syndicate!'
シャーン・ローグが「シャーン・シンジケートから盗み出せる者などいない!」と言う。

(Dungeon Master): "Ahh, the forest. How many adventurers - I mean adventures - come to an end in the forest? So peaceful and quiet."
「ああ、森よ。いくつの冒険者達が、いやその、冒険が、森に来て終わりを遂げただろう?その平和と静寂」
(Dungeon Master): "Hop on the symbols one last time and we shall return to where it all began."
「シンボルに飛び乗るのは残すところあと一回で、我々はすべてが始まった所に戻らなければならない」

(Say): Upstanding Citizen says, 'I needed your help in getting the artifact. The misdirection, the backstabbing - it was all necessary you see?'
立派な市民が「アーティファクトを得る時あなたの助けが必要だった。誤った行先、裏切り―すべてが必然であったことに気がついた?」と言う。
(Dungeon Master): "A mean trick, I know. And I do apologize, but this is where the story actually ends - trapped in a clearing in the woods, with everyone you betrayed descending upon you. I did say there would be danger, after all!"
「策略だ、判っていたとも。そして申し訳ないが、これは物語が実際に終了する場所である―森が開けた所にある罠、裏切り者たち勢揃いによる急襲。とにかく危険であると私は述べていた!」
(Say): Upstanding Citizen says, 'That is my cue to leave. Thanks for getting the artifact out of that ship for me!'
立派な市民が「これは私の別れの合図よ。私のために船からアーティファクトを持ちだしてくれてありがとう!」と言う。
(Dungeon Master): "You fared better than I expected. Hop on the symbols one last time .. no, I really mean it this time. No more tricks, I promise."
「あなたは私の予想より善戦した。シンボルに乗れるのはあと一回…いや、本当に次で終りだ。トリックはない、約束する」

(Dungeon Master): "This is why meeting strangers is so interesting. A story even I didn't know existed! I was on the edge of my seat the whole time. And for that, a reward is due."
「見知らぬ人との出会いがとても面白い理由はこれだ。私でさえ存在を知らなかった物語!私はずっとイスから身を乗り出していた。ということで、報酬は満額だ」
(Advancement): Adventure Completed
You receive 5,637 XP.
冒険完了
5,637XPを受け取った。


(Say): Callumnie says, '"This is why meeting strangers is so interesting. A story even I didn't know existed! I was on the edge of my seat the whole time. And for that, a reward is due."'
コラムニーが「見知らぬ人との出会いがとても面白い理由はこれだ。私でさえ存在を知らなかった物語!私はずっとイスから身を乗り出していた。ということで、報酬は満額だ」と言う。


Contact: Callumnie
Go back to the  Questgiver Location and talk to the Questgiver.

Callumnie
I did tell you the story would feel quite real? And that there would be danger? I do keep my promises.
Come back anytime, I do love to tell my tales.
私があなたに話した物語はまったく本物のように感じたかな?そしてそこに危険はあったかい?私は約束は守る。
いつでも戻ってきてくれ、私はお話をするのが大好きなんだ。



Reward

Random Item


Summary

You made it through Callumnie's illusory storytelling.

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。