上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を編集(管理者のみ)
The Age of Rage 2018.06.09
The Age of Rage  激怒の時代
TheAgeofRage.jpg

Adventure Pack: Disciples of Rage (Free to VIP / 725DP)

Bestowed by: Urqhart Steadfast
In: House Jorasco Enclave
Adventure Notes: This adventure is of average difficulty.

Adventure:
Enter: Dockside Cartwrights
Level: Heroic 14  /  Epic 31
Length: medium

Heroic Base XP:  Casual   XP  /  Normal   XP  /  Hard   XP  /  Elite   XP
Epic Base XP:  Casual    XP  /  Normal   XP  /  Hard   XP  /  Elite   XP

Favor:  Casual 3  /  Normal 5  /  Hard 10  /  Elite 15
Patron:  House Jorasco

Go to the Dockside Cartwrights and investigate the Disciples of Rage Headquarters.
ドックサイド・カートライツへ行き、憤怒の門弟の本部を調査せよ。

Quest Objects
□ Find a way to enter the workshop
 工房に入る方法を見つける
□ Find out whether this is the right place
 ここが目的の場所かどうか見極める
□ Find a way deeper into the base
 基地の奥に進む道を見つける
□ Quench your thirst for bloodshed on cultists
 カルティストらを血祭りにしあなたの渇きを癒す
□ Sate your hunger for destruction on furniture and supplies: 90 left
 家具と補給品を破壊しあなたの飢えを満たす
□ Investigate the Book
 本を調べる
□ (Optional) Find clues about the Disciples of Rage: 5 left
 (オプション)憤怒の門弟の手がかりを探す:残り 5
□ (Optional) Slay the enraged bears in the training cage
 (オプション)調教檻の中の激怒した熊を殺す
□ (Optional) Find out why someone was in the abandoned corridor
 (オプション)何者かが放棄された廊下にいる理由を調べる
□ (Optional) Clear out the sleeping quarters
 (オプション)眠りに落ちた区画を一掃する


Monster
Disciple Watchman  CR: 14//19  Type: Dwarf  Race: Dwarf
Disciple Sentry  CR: 14//19  Type: Elf  Race: Elf
Disciple Subduer  CR: 14//19  Type: Humanoid  Race: Human
Disciple Ragecaster  CR: 14//19  Type: Elf  Race: Elf
Disciple Thrasher  CR: 15//20  Type: Orc  Race: Half-Orc
Disciple Siphon  CR: 15//20  Type: Aberration
Disciple Eye Horror  CR: 14//19  Type: Aberration
Hateful Stare  CR: 14//19  Type: Aberration
Red Slaad Invader  CR: 15//20  Type: Aberration  Race: Slaad
▸ Regenration
Enraged Bear  CR: 15//20  Type: Animal  Race: Bear
Big Bear  CR: 16//21  Type: Animal  Race: Bear
Omaro the Mad  CR: 16//21  Type: Elf  Race: Elf
▸ See Invisibility
▸ Blur
Quixzobie Kal  CR: 17//22  Type: Aberration  Race: Beholder
▸ See Invisibility


Collectable
Rubble
Cryptic Message 2
Chipped Bone Talisman
Fungus
Ruddy Fungus 2
Sanguine Moss
Alchemy Table
Blessed Candle
Vial of Heavy Water


Score Card
monsters killed.  (*/111)
61  Aggression bonus.  +10%
76  Onslaught bonus!  +15%
89  **Conquest Bonus**  +25%
traps disabled.  (*/17)
9 Tanoer bonus.  +10% 
12  Neutralization bonus!  +20%
14  **Ingenious Debilitation bonus**  +30%
secret door discovered.  (*/0)
-
breakables smashed.  (*/126)
64  Mischief bonus.  +8%
85  Vandal bonus!  +10%
102  **Ransack Bonus**  +15%


Map

Map_DocksideCartwrights.jpg


Unique Loot Item
Construct Champion's Bands
ConstructChampionsBands.jpg
Equips to: Wrists
Minimum Level: 14
Binds to Account on Acquire
▸ Rune Arm Focus +3: +3 Equipment bonus to DC of Rune Arms.
▸ Repair Amplification +29: +29 Enhancement Bonus to Repair Amplification.
▸ Reconstruction +90: Passive: +90 Equipment Bonus to Repair and Rust Spell Power.
▸ Deadly +6: +6 Competence bonus to Weapon Damage.
▸ Empty Green Augment Slot: This item has a Green Augment Slot. It can be combined with a Blue or Yellow Augment. Augments can be found as treasure or be purchased from the DDO Store.
Set: Renegade Champion:
● 3 Pieces Equipped: +1 Artifact Bonus to Critical Multiplier on a 19-20. +2 Artifact Bonus to Rune Arm DCs. +10 Artifact Bonus to Repair Amplification.
Durability: 240  /  Steel (Hardness: 34)
These bands are relatively uncomfortable for those who weren't built with their use in mind.
このバンドは理性がしっかりと働いていない者ほど不快感を受ける。




Text
Urqhart Steadfast
This curse is bad, very bad — and the Disciples of Rage running amok is making it worse!
We're going to stop them, though, [your name]. You and me.
You see, I know where their headquarters is. One of my informers told me. Together we'll make them pay for stealing the beacon!
この呪いはまずい、非常にまずいぞ―憤怒の従弟の暴走が事態を悪化させている!
だが我々は奴らを止めるつもりだ、[あなたの名前]。君と私でな。
いいか、私は奴らの本拠地がどこにあるか知っている。私の情報提供者の一人が教えてくれた。奴らにビーコンを盗んだ代償を支払わせてやろうじゃないか!

▸ And what did you learn from this informant?
 その情報提供者から何を教わったんだ?
[A1]
The informant told me a bunch of things about the Disciples of Rage — why they wear masks, how they have some sort of magic book, and a lot of drivel about why they love rage so very much.
But the main thing is, he told me that their headquarters is an ordinary-sounding workshop called Dockside Cartwrights.
He was supposed to get me a key to get in — but then he vanished, just like that. So we're going to have to just blunder in blind.
I'm sure that won't be any problem for you, correct?
情報提供者は憤怒の従弟についていろいろと教えてくれた―なぜ仮面をつけているのか、どのような魔法書を持っているのか、そしてなぜ激怒を崇拝するようになったのか。
しかし、肝心なのは奴らの本拠地がドックサイド・カートライツという平凡な名で呼ばれる作業所だいうことだ。
彼は私に渡す鍵を手に入れるため中に入った―だがそれきり姿は消えてしまった。そういうわけで我々は今手詰まり状態なのだ。
私は君なら何の問題もないだろうと考えている。そうだな?
▸ Point me to Dockside Cartwrights. I'm ready to take on the Disciples of Rage.
 ドックサイド・カートライツへ送ってくれ。憤怒の従弟を捕らえる準備はできている。
▸ Close Window.
 ウィンドウを閉じる。
▸ I thought the Twelve just researched magic stuff. Why do you have informants?
 トゥエルヴが魔法の杖について調べていたことを思い出したぞ。あなたはなぜ情報提供者を雇っているんだ?
[A2]
The Twelve does many things, [your name]. One of those things is keep a veiy close eye of the Cults of the Dragon Below. Because if any of them succeeded in their goals — well, I shudder just to think of it.
I've spent my life tracking those cults, and along the way I've built up a network of informants who let me know what they're up to. One of those informants contacted me about the Disciples of Rage.
トゥエルヴはさまざまなことを行っている、[あなたの名前]。そのうちの一つに竜僕教の監視がある。なぜなら奴らのうちの誰かが目標を達成してしまうと―うむ、それを考えると震えが来る。
私は自分の人生をそれら邪教の追跡に費やしてきた。その間に、自分達の知っていることを連絡する情報提供者のネットワークを構築した。これらの情報提供者のうちの一人が憤怒の従弟について連絡してきたのだ。
▸ So what did the infomant tell you?
 で、なんと連絡してきたんだ?
Go to [A1]
▸ If the beacon was the only thing shielding us from the curse, why didn't the Twelve protect it better?
 もしビーコンが我々を呪いから守る唯一のものだったなら、トゥエルヴはなぜそれをもっと安全に保護しなかったんだ?
Go to [A3]
▸ Close Window.
 ウィンドウを閉じる。
▸ If the beacon was the only thing shielding us from the curse, why didn't the Twelve protect it better?
 もしビーコンが我々を呪いから守る唯一のものだったなら、トゥエルヴはなぜそれをもっと安全に保護しなかったんだ?
[A3]
Because we didn't know! Nobody knew!
We thought the beacon was just an interesting ancient curio. And everybody thought that the Du'rashka Tul was just a legend the Giants told themselves to explain why their civilization collapsed.
\Turns out the beacon was the only thing standing between this city and madness — and we didn't realize it until it was gone.
我々は知らなかったんだ!誰も知らなかった!
ビーコンは単なる興味深い古代の骨董品だと思っていた。そしてドラシュカ・タルは彼らの文明崩壊の謎を説明する巨人族の伝説だと誰もが思っていた。
ビーコンはこの街と狂気を隔絶する唯一のものだった―そしてそれがなくなってしまうまで誰もそれを認識できなかった。
▸ And what did you learn from this informant?
 その情報提供者から何を教わったんだ?
Go to [A1]
▸ I thought the Twelve just researched magic stuff. Why do you have informants?
 トゥエルヴが魔法の杖について調べていたことを思い出したぞ。あなたはなぜ情報提供者を雇っているんだ?
Go to [A2]
▸ Close Window.
 ウィンドウを閉じる。
▸ Close Window.
 ウィンドウを閉じる。

Get back to the Disciples of Rage headquarters, [your name], and make them pay!
憤怒の従弟の本拠地に戻るんだ、[あなたの名前]、そしてやつらに思い知らせてやれ!
▸ Close Window.
 ウィンドウを閉じる。

Dockside Cartwrights  港の車輪鍛冶施設
(Dungeon Master): You've been told that this innocent-looking workshop is likely to be the headquarters for the Disciples of Rage.
あなたはこの一見悪事とは無関係そうな作業施設が憤怒の門弟の本部である可能性が高いと聞かされた。
(Dungeon Master): You've arrived at the Dockside Cartwrights workshop, but the well-worn door is locked tight. Perhaps there is a key somewhere nearby?
ドックサイド・カートライツに到着したが、かなり摩耗した扉はきつく施錠されている。おそらくどこか近くに鍵があるだろう。
(NPC): Unnatural Looking Rock tells you, 'This papier-mache "rock" is hollow. A well-worn key is hidden beneath it.'
不自然に見える岩が、「この張り子の岩は中空だ。かなり摩耗した鍵がその下に隠されている」と言う。
(NPC): You tell Unnatural Looking Rock, 'Take the key.'
あなたは不自然に見える岩に、「鍵を取る」と言う。
(Say): Disciple Watchman says, 'Oh! Sorry, you'll have to leave. We're closed for the night .... Funny, I could have sworn I locked the door!'
ディシプル・ウォッチマンが、「ああ!すみません、入らないで。今夜は閉店です…おかしいな、確かに扉は施錠したはずだが!」と言う。
(Dungeon Master): You've found a way inside the building that's said to house the headquarters of the Disciples of Rage. Time to see if your informant was well-informed.
あなたは中に憤怒の門弟の本部があると言われている建物内部への通路を見つけた。あなたの情報提供者が確かな情報を持っていたかどうか確認する時間だ。
TheAgeofRage003.jpg
(Say): Disciple Sentry says, 'If you come back tomorrow, we can do business then. You need to leave now.'
ディシプル・セントリーが、「明日もう一度お見えになればその時にお取引できます。今はお帰り下さい」と言う。
(Dungeon Master): These documents show there's more to these "cartwrights" than meets the eye. Perhaps you can find other papers that will tell you more about the Disciples of Rage.
これらの文書は”車輪修理屋”が見た目よりももっと多くの物があることを示している。たぶん憤怒の門弟についてもっと詳しく説明する他の文書が見つかるだろう。

Potential Clue  潜在する手がかり
'You skim through a pile of mundane papers, mostly receipts. Apparently the Discples of Rage make a decent income from the workshop they use as a front for their cult.
One page catches your eye, an unsigned note that reads:
"Our contact told us to prepare - they'll be here any day now to steal it. The Age of Rage is coming, just as the book promised. Stormreach will be set ablaze, and the Disciples of Rage shall bask in the glow of the sacred fire!"'

「あなたは普通の領収書である平凡な紙の束を流し読む。どうやら憤怒の門弟は彼らカルトの前衛として利用しているワークショップからまともな収入を得ているようだ。
一枚のページがあなたの目についた。
我々の連絡先は準備を整えよと伝えてきた-彼らはいつでもそれを盗むためにここにいる。預言書が約束したように、怒りの時代が到来する。
ストームリーチは吹き飛ばされ、憤怒の門弟たちは神聖な火の輝きを浴びるだろう!」

(Dungeon Master): The lever is pulled - and the nearby workers immediately pull weapons from their hiding places. You're under attack!
レバーが引かれ、近くの労働者たちが隠し場所から素早く武器を取り出す。攻撃だ!
(Dungeon Master): Beyond the hidden doorway is some kind of fortified area. It looks like you're in the right place after all.
隠された入り口の向こうにある種の要塞のようなエリアがある。あなたは結局の所正しい場所にいるようだ。
TheAgeofRage004.jpg
(Say): Disciple Subduer says, 'You shouldn't be back here!'
ディシプル・サブデュアーが、「お前はここに戻ってはならぬ!」と言う。
(Dungeon Master): Pressure builds behind your eyes as a massive headache sets in. You feel restless and agitated.
激しい頭痛が起こると圧力があなたの目の後ろに溜まる。あなたは落ち着きがなく、激しく動揺している。
(Dungeon Master): Pain courses through your head and your vision tinges red. A burning rage overtakes you - a rage that can only be quenched with destruction.
痛みがあなたの頭を通過し、あなたの視界は紅く染まる。激しく燃える怒りがあなたに襲いかかり、怒りは破壊でしか冷めることはない。

Potential Clue  潜在する手がかり
(NPC): Potential Clue tells you, 'This note is written in an elegant, educated hand:
"Why wear the masks? One reason, of course, is that their enchantments allow us to channel the rage caused by the curse. That way we feel the purifying power of rage while still maintaining purpose and direction.
Yet there is another, more important reason. Rage is purity, rage is divinity. The masks show us, not as we are, but as we are meant to be."'

このメモはエレガントで教養のある者の手によって書かれている:
「なぜ仮面を着用すればいいのでしょうか?その理由の一つは、魔力が呪いによって引き起こされた怒りへ我々を導くからです。そうすれば、目的と方向性を維持しながら怒りの浄化力を感じることができます。
しかし、もう一つ重要な理由があります。怒りは純度、怒りは神性です。仮面は私たちを示しますが、私たちではなく、我々の運命なのです」


(Dungeon Master): Angry growls emanate from behind the metal gateway. These bears, goaded into rage by the cultists, would cause havoc if they were released into the city.
怒り狂う唸り声が金属の檻扉の向こうで発せられている。この熊たちはカルティストたちによって怒りを増大させられており、街に放たれると大混乱を引き起こすだろう。
TheAgeofRage005.jpg
(Advancement): Objective Completed! 552 XP.
目標達成! 552 XP.

(Dungeon Master): The pain subsides, and your anger rapidly fades. You need to finish with the Disciples of Rage quickly, before the madness can take hold again.
痛みが止まり、あなたの怒りは急速に消える。あなたは狂気に再び囚われる前に憤怒の門弟に急いでケリをつける必要がある。

(Say): Omaro the Mad says, 'What are you doing? I wont let you take one more step!'
オマロ・ザ・マッドが、「何をしている?もう一歩たりとも進ませんぞ!」と言う。
(Say): Omaro the Mad says, 'No! The Book promised I would die filled with holy rage. Not ... like this...'
オマロ・ザ・マッドが、「やめろ!この本は私が死ぬ時は聖なる怒りで満たされると約束した。ちがう…こんなのは…」と言う。

Potential Clue  潜在する手がかり
(NPC): Potential Clue tells you, 'The ink on the last page of this journal looks fresh:
"Success! Our allies have stolen the beacon and are already on a ship back to Sharn.
Now the Disciples of Rage must fulfill our part of the bargain by provoking the mobs and letting the curse do its work. Soon there will be nothing left of this city but ashes.
The thieves thought they were using us to cover their tracks. The mad Lord of Eyes thinks he's using us to bring him closer to escape. What none of these clods can understand is that we do this purely for ourselves. For us, the rage is an end in itself. Behold the glory of the Age of Blissful Rage!"'

「この日誌の最後のページのインクは書かれたばかりのようだ:
「成功だ!我々の同盟はビーコンを盗み、すでにシャーンへと戻る船に乗っている。
今、憤怒の門弟たちは暴徒を扇動し、呪いを働かせることで契約の一部を果たさなければならない。間もなくこの街は灰以外何も残らなくなる。
盗賊団は追跡の援護に我々を使うと考えていた。狂気の瞳の王は我々を使って逃げようと考えている。愚か者共は我々が純粋に自分自身のために行っているのを理解できないのだ。我々にとって、怒りはそれ自体で完結しているのだ。至福の怒りの時代の栄光を刮目せよ!」」


(Dungeon Master): The cultists' strange experiments are not as inert as they seemed.
カルティストらの奇妙な実験は、彼らが思っているほど緩慢ではない。
(Dungeon Master): This area of the base looks to be poorly maintained and rarely used. A single set of footprints leads through the dust on the floor.
基地のこの領域は維持管理が悪く、ほとんど使用されていないようだ。一組の足跡が床の埃の上を進んでいる。
(Dungeon Master): This must be the informant that went ahead to scout. Lucky for him it wasn't a cultist that found him first.
これは偵察に向かった情報提供者に間違いない。彼にとって幸運だったのは、彼を最初に見つけたのがカルティストではなかったということだ。
(Advancement): Objective Completed! 250 XP.
目標達成! 250 XP.

Drelg  ドレルグ
[A1]
'You dont look like you're here to kill me - so you must be sent by the Twelve? Urqhart said he'd send someone in if I missed my contact.
Judging by the sounds I've been hearing, you've been busy!'
「あんたは俺を殺すためにここに来たようには見えないが、トゥエルヴが送った者に違いないか?ウルクハートは俺が消息不明になったら誰かを送ると言っていた。
俺が聞いていた音で判断すると、あんたは忙しそうだ!」
▸ 'Why are you down here?'
 「なぜここにいるんだ?」
'After I stole these masks, the Disciples didn't take too kindly to having me around.
Combine a few noisemakers placed in precise spots with a well timed shout about "intruders" and here I am.'
「俺がこの仮面を盗んだ後、門弟たちは俺についてはさほど気を回してはいなかった。
”侵入者”が来た時に叫ぶ数人のノイズメーカーが各所に配置され、俺はここにいる」
▸ 'But why down here?'
 「しかし、なぜここに?」
'I had it all planned out ahead of time. Picked the lock on the gate so I wouldn't have to struggle with it on the way out.
Only thing I didn't account for is having to climb out using that pipe while carrying this heavy crate of masks.'
「俺は全て事前に計画していた。途中でそいつと戦う必要はないので、ゲートのロックを選択した。
俺が考慮しなかったのはこの重い仮面の木箱を運んで、その配管を降りなければならないことだ」
▸ 'I have another question.'
 「他の質問がある」
Go to [A1]
▸’Yeah, that sounds terrible. Good luck!'
 「ああ、それは大変だ。頑張って!」
▸ 'Close Window'
 「ウィンドウを閉じる」
▸ 'You have a mask on. Why arent you raging?'
 「お前は仮面をしている。なぜ怒らない?」
'Haven't you figured out how these things work yet?
The masks don't prevent rage, they channel it so you can still control your actions.
So the real question here is: Why aren't you going berserk? You don't have a mask.'
「あんたはこれがどういう仕組なのか知らないのか?
仮面は怒りを防がないが、行動を制御できるよう選択するんだ。
だから正しい質問はこうだ:なぜ凶暴になっていないのか?あんたは仮面をしていない」
▸ '(Lie) I'm far too powerful for such a feeble curse to affect me!'
 「(嘘)こんな微弱な呪いからは影響を受けないほど私は強いんだ!」
'Too powerful, huh?
Well, I'd be lying if I said I wasn't jealous. So, I wont lie. I'm jealous if you're completely unaffected by this maddening ancient curse that seems to be potent enough that even Giants are afraid of it. Notice I said, "If."'
「とても強い、ほお?
嫉妬していないと言えば嘘になる。だから嘘はつかない。もしあんたが巨人でさえも恐れる太古の呪いに全く影響を受けないなら嫉妬するぜ。”もし”ならな」

▸ 'I have another question.'
 「他の質問がある」
Go to [A1]
▸ 'Yeah. You should be.'
 「ああ、いいとも」
▸ '(Exaggerate a bit) Even without a mask, I'm still strong-willed enough to control myself. It's a talent of mine.'
 「(少し誇張)仮面がなくても自分自身をコントロールできる程度に私は強い。これは私の才能だ」
'Really? Impressive to hear. I'd heard of some amazing adventurers going around lately. I guess you're one of them?'
「本当か?印象的な言葉だ。俺は最近、何人か素晴らしい冒険家の話を聞いていた。あんたはその人らと同等だと思うか?」
▸ 'I have another question.'
 「他の質問がある」
Go to [A1]
▸ 'You're too kind'
 「そんなことはないよ」
▸ '(Tell the Truth) It did affect me earlier. I killed a dozen cultists and smashed up the place until I snapped out of it.'
 「(真実を話す)以前、それの影響を受けた。私は十数人のカルティストらを殺し、外に出るまで施設を壊し続けた」
'Uhhh, that is... unexpectly candid.
Could you do me a favor and lower your weapons? Slowly, if you dont mind.'
「うーん、それは…思いがけず率直な。
あんたは俺を信用して武器を下げてくれるか?ゆっくり、気にしないなら」
▸ 'I have another question.'
 「他の質問がある」
Go to [A1]
▸ 'I think I'm good now. Really. It's fine.'
 「ああ、いいとも。本当。大丈夫だ」
▸ 'How did you manage to infiltrate the cult?'
 「お前はどうやってカルトに潜入したんだ?」
'It took a while. I finally managed to figure out how they recruit people.
Turns out, they contact people they've observed being affected more than normal by stress and anger, and those detached from society.'
「少々時間がかかった。だがついに奴らが人々をどうやって募集しているかが分かった。
結局、奴らはストレスと怒りに通常よりも影響され、社会から隔離された人間に接触していることが判明した」
▸ 'All right. What did you do to get recruited, then?'
 「なるほど。で、どうやって雇われたんだ?」
'I showed them what they wanted to see - someone who had been driven out of society, someone who was angry at my place in the world, someone who lashed out.
When they contacted me I told them what they wanted to hear. After a while, they gave me a test. I had to give in to uncontrolled rage. I did it ... but I've not felt the same since.'
「俺は奴らが見たがっているものを見せた―社会から追い出された者、自分の境遇について怒っている者、暴力を振るう者。
奴らが俺に連絡を取ったとき俺は奴らが欲していることを話した。しばらくして、奴らは俺にテストをした。俺は制御できない怒りに服従しなければならなかった。俺はそれをやり…だがそれ以来同じ感覚を抱いたことはない」
▸ 'What happened after that?'
 「その後なにがあった?」
'After I passed their test, they gave me a mask and invited me to come here. I watched while they preached about rage while others volunteered to become those Eye Horror monsters.
When I heard about that they were expecting an "Age of Rage" that would affect everyone, I knew it was time to get out with the goods and report back to my handler.'
「試験に合格した後、奴らは俺に仮面をつけて来るようここに招待した。俺はボランティアがアイ・ホラーの怪物になるあいだ、奴らが怒りについて説伏しているのを見た。
すべての者に影響するという”怒りの時代”を待ち望んでいるという話を聞いたとき、俺は品物を持って依頼主の元へ報告に行く時が来たと思った」

▸ 'I have another question.'
 「他の質問がある」
Go to [A1]
▸ 'Well, it's a good thing you got out when you did. Otherwise I'd have taken you out with the rest of them.'
 「うむ、その時に脱出したのは良かった。さもないと私は残った他の奴らと一緒に皆殺しにしていただろう」
▸ 'Close Window'
 「ウィンドウを閉じる」
▸ 'Close Window'
 「ウィンドウを閉じる」
▸ 'Close Window'
 「ウィンドウを閉じる」

Potential Clue  潜在する手がかり
(NPC): Potential Clue tells you, 'This hastily scrawled note reads:
"The Magisters of the Twelve hold one of the keys to the new age deep within their vaults. The Book tells us that this item - a scepter to be precise - is integral to the return of the mad Lord. But first we must wait for the theft of the beacon, and the coming of the rage."'

この急いで書かれたメモには、「トゥエルヴの魔術師たちは新しい時代の鍵の一つを金庫の奥深くに保管している。本書はこのアイテム(正確な守護者)が狂王の手に戻ることが不可欠であると伝えている。しかしまず、ビーコンの盗難と怒りの時代を待たなければならない」

(Dungeon Master): The snores of sleeping cultists fill this hallway. Best take them out now before they realize you're here.
眠っているカルティストらのいびきがこの廊下に充満している。あなたがここにいることを気づかれる前に通り抜けるのが最善だ。

(Dungeon Master): The documents you found show that while the Disciples of Rage welcomed the theft of the Harbor beacon, they did not steal the artifact themselves. The unknown culprits have already shipped the beacon to Sharn, across the Thunder Sea.
あなたが見つけた文書は、憤怒の門弟たちがハーバー・ビーコンの盗難を歓迎はしたものの、アーティファクトを盗んではいないことを示している。未知の犯人はすでにサンダー・シーを渡ってシャーンにビーコンを運び出している。

Potential Clue  潜在する手がかり
(NPC): Potential Clue tells you, 'This appears to be some sort of pamphlet.
"The Book tells us that an age of madness is coming. With the city's protection gone at last, the madness that has festered in its streets and alleyways will finally be free to flourish.
It will all begin with the return of the rage that laid the Giants low and reduced the city to ruin once before.
We welcome the rage, for rage is holy. Rage is pure. Rage is complete. Only when we give ourselves over to rage do we become everything we were meant to be."'

これは何らかのパンフレットのようだ。
「この本は私たちに狂気の時代が来ていることを伝えている。街の保護がついになくなり、通りや路地で膿み爛れた狂気は自由を謳歌するだろう。
それは全てかつて巨人たちを減少させ、一度は街を滅ぼした怒りの復活から始まった。
我々は怒りを歓迎する。怒りは聖なるものであるから。怒りは純粋である。怒りは完全である。我々が激怒するときだけ、我々は自身がなるべきだったあらゆるものになる」


(Dungeon Master): With these quarters cleared out, the cult should be greatly weakened.
この地区がクリアされればカルトは大きく弱まるはずだ。
TheAgeofRage006.jpg

(Dungeon Master): You place the crest neatly into the socket.
あなたはクレストをソケットにきちんとはめた。
(Dungeon Master): More Eye Horrors occupy this hallway, almost as if they were guarding something.
このホール廊下にはより多くのアイ・ホラーがひしめいていて、まるで何かを守っているようだ。
(Dungeon Master): A strange volume floats above the altar. This must be the book the cultist mentioned.
奇妙な本が祭壇の上に浮かんでいる。これはカルティストが言及していた本に違いない。
 
The Book of Rage  怒りの書
'This book seems to radiate an almost tangible sense of madness. With a sense of forboding, you place your hand on the book.'
「この本は手に感じるほどの狂気を放っているようだ。禁忌感を受けながらあなたは本の上に手を置く」
▸ 'This ... is definitely bad. (Destroy the book)'
 「これは…間違いなく邪悪だ(本を破壊する)」
▸ '(Open the book and read a page)'
 「(本を開いてページを読む)」
'The words on the page seem to write themselves. As you read, the feeling of irrational anger wells up again.
"Inception of commencement through the attenuation of denouement. An encompassing engulfment of rancorous animus that becomes a beatitude of ecstasy. The genesis of a plenary tenancy!"'
「ページの文言は彼ら自身のために書かれているようだ。読むに連れて不合理な怒りの気持ちが再び湧き上がる。
「開始の始まりから終局の終焉まで。恍惚の喜びとなる憎悪の憎しみの包括的な包囲。無条件借用の起源!」」
▸ 'Never mind - this is definitely bad. (Destroy the book)'
 「気にしない―これは間違いなく悪事だ。(本を破壊する)」
▸ '(Squint hard and lean in to try to figure out what it means)'
 「(これが何を意味しているのか理解しようとする)」
'By gritting your teeth and focusing through the anger, you get a clearer view of what is on the page.
"The dawn of the Age of Madness is the end of sanity. The end of sanity can only be attained in the blissful slaughter of all that is right of mind.
Let rage flow. Let the anger consume and destroy everything. Embrace enlightenment through rage.
The coming of rage will be one of many beginnings that all lead to my escape and certain victory. This is the message of Belashyrra, the Lord of Eyes."'
「歯を食いしばり、怒りを込めて集中することでページに書かれていることをよりはっきりと見ることができる。
「狂気の時代の夜明けは正気の終わりである。正気の終わりはすべての正しい精神の虐殺でしか達成することはできない。
怒りに身を任せよ。怒りが全てを飲み込み、破壊するようにしなさい。怒りを通して悟りを擁するのだ。怒りの到来は我が自由と確実な勝利へのすべての始まりの一つとなるだろう。これは瞳の王ベラシラの伝言である」」
▸ 'Nope. Absolutely bad. Really, really bad. Time to destroy the book! (Destroy the book)'
 「いいや、完全に害悪だ。本当に、本当に害悪だ。本を破壊する時だ!(本を壊す)」
▸ 'Close Window'
 「ウィンドウを閉じる」
▸ 'Close Window'
 「ウィンドウを閉じる」
▸ 'Close Window'
 「ウィンドウを閉じる」
TheAgeofRage007.jpg
(Dungeon Master): The book is instantly engulfed in flame. Yet before you can congratulate yourself on a job well done, the burning tome emits an intense pulse of arcane energy. The destruction of the book has brought forth a guardian.
本はすぐ炎に包まれる。だがあなたが上手くやった仕事を祝うより先に燃えさかる本は激しい魔法エネルギーのパルスを放った。本の破壊は守護者を生み出した。
(Dungeon Master): "Now you've done it!" cries the book's guardian. "These cultists were quite useful, not to mention delicious. Lord Belashyrra will not be pleased."
「やってくれたな!」本の守護者が叫ぶ。「このカルト教徒たちは美味いことはいうまでもなく、非常に便利だった。ロード・ベラシラはお歓びにならない」
(Say): Quixzobie Kal says, 'Still here? Let's get some more eyes on the problem.'
クイクゾビー・カルが、「まだいるのか?他の目で見てみるとするか」と言う。
(Say): Quixzobie Kal says, 'Damn your persistence! Let's take another look.'
クイクゾビー・カルが、「しつこいやつだな!これならどうだ」と言う。
(Dungeon Master): You've destroyed the headquarters of the Disciples of Rage and broken their link to the insane Lord of Eyes. Yet the city is still gripped by the ancient curse that destroyed the Giants. The cult is gone, but the rage remains.
あなたは憤怒の門弟の本部を破壊し、狂気の瞳の王への関連を断ち切った。だが街はまだ巨人を滅ぼした古代の呪いに蹂躙されている。カルトは去ったが怒りは残っている。
(Advancement): Adventure Completed
You receive 10,543 XP.
冒険完了
あなたは10,543 XPを受け取った。



Contact: Urqhart Steadfast
Speak with Urqhart Steadfast in the House Jorasco Enclave about what you found in the Disciples of Rage headquarters.
ハウス・ジョラスコ領にいるウルクハート・ステッドファストに憤怒の従弟本部で発見した事柄について話せ。

Urqhart Steadfast
Well done, but I wish you had better news for me.
The beacon's already been sent to Sharn? And it wasn't even the Disciples who stole it in the first place? Then who did? And how in blazes Will we get it back?
And I don't like the idea of the Disciples being in contact with the Lord of Eyes. It makes me think this ‘age of madness‘ may not be complete nonsense after all.
Still, you really gave it to the Disciples of Rage — and you can't say they didn't deserve it! Now all we have to do is come up with some sort of treatment for the curse before the people of this city burn it to the ground.
よくやった、だがもっと良い知らせを聞かせてくれ。
ビーコンはすでにシャーンに送られているのか?そしてそれを最初の場所で盗んだのは従弟たちではなかったと?誰がやったのだ?そして篝火はどうやって取り戻せばいいのだ?
従弟たちがロード・オヴ・アイズと接触しているという考えは好きではない。結局、この’狂気の時代’はまったくのナンセンスではないのかも知れないな。
それでも、お前は本当に憤怒の従弟にそれを渡した―そしてお前は奴らがそれにふさわしくないとは言えないと!今我々がしなければならないことは人々が街を焼き尽くす前に呪いの治療法を見つけ出すことだ。
▸ I'll do what I can.
 できるだけやってみよう。
'Disciples of Rage - The Age of Rage' Quest Advanced
'The Age of Rage' Quest Complete
▸ Close Wlndow.
 ウィンドウを閉じる。


Summary

You destroyed the headquarters of the Disciples of Rage in Stormreach.
あなたはストームリーチにある憤怒の従弟の本拠地を破壊した。


Story
憤怒の門弟の本拠地がハーバーにあるとの情報を手に入れ、車輪修理工房に潜入したあなたはそこで大勢の門弟たちを発見する。内部で今回の事件に関する手がかりを見つけ、ハーバー・ビーコンが盗み出された理由や憤怒の門弟の仮面の秘密、怒りの時代に関する預言などを解明したうえで憤怒の門弟たちを壊滅させるが、事件の裏に瞳の王ベラシラとのつながりがあることが明らかになる。


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。